子供ごとの勉強を行える

個別指導塾にもよりますが、子供ごとにそれぞれの中学受験の勉強の指導をすることが出来るのが良いです。子供が苦手とする分野や得意なところを見極めて中学受験の勉強をさせることができるのでとてもよいです。

個別指導塾の場合、タイマンで勉強をするので子供が、どこが不得意でどこが得意かを見抜きやすいです。集団指導塾の場合は基本的に授業に沿った勉強方法ですので子供が理解していなくてもそのまま続けることになり、子供によってはついてこられない状態になります。そのような状態を個別指導塾はできるだけ無くすことが出来るのがメリットと言っても良いでしょう。個別指導をすることで子供の中学受験理解度をかなり上げることができるのでとても良いです。ただし、注意としては個別指導塾の先生によってはそれがうまく出来ない場合があります。弱点がわかっていてもどのようにすればそれを克服できるかを見極めが出来なくて結局理解度が平均以下という状態になっていることがありますので注意です。

その場合、先生や個別指導塾を変えないといくらやっても中学受験に合格できるまでの理解度にすることが出来ませんので注意です。ですから、子供ごとに勉強のやり方を考えてくれる先生がいるところで中学受験の勉強をするようにしましょう。